2011年03月17日

おべんとう

~しゅう2のりゆう~

中2の時、母は、お弁当の“ふりかけ”が無かったという理由でご飯にかけたのは・・・
永谷園“お茶漬けの素”!家に帰り母とケンカ!
中2ひろし:「お茶なんて学校に無いのに“お茶漬けの素”なんてかけるなー!」
母:「緑の粉がかかってるんだから“ふりかけ”みたいだがねっ!」

時は、過ぎ
幼稚園実習の時、遠足の日と重なりお弁当持参!
お弁当を開けると…
ご飯の上には、ちらし寿司で使用する鮮やかなピンク色の“さくら出夫(でんぶ)”が!
家に帰り母とケンカ!
19のひろし:「あんなピンクのご飯!子ども達の前で食べるの恥ずかしかったがね!」
母:「「子ども達と一緒に食べるからね」って言ったのはあんただがねっ!!」

翌週、園外保育…またまたお弁当持参!
お弁当を開けると…
“こんぶの佃煮”で、真っ暗なご飯!
子ども達「あー!ひろし先生のご飯て、真っ黒~!」


母ちゃん!あんたには、かなわねぇ


と、なぜそんなことを思い出したかというと…
今日は、今年度最後のお弁当DAY!
年長にとっては、クラスのみんなで食べるお弁当
みんなニコニコわいわいと食べていましたね~。

園は、週に2回お弁当の日ですので色んな所でお弁当を食べました。
たくさんの公園、植物園、あたご山、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に食べたこともありましたね。それは、それは、たくさんの場所で食べました。

そう、園外保育によく出掛ける幼稚園は、火曜日の天候が悪い時は、木曜日に行けるといった雨天の場合を考慮して週に2回のお弁当となっています。

園外保育は、みんなで行った楽しい思い出だけでなく、
その場所で四季を感じることができる。
歩いての移動では、交通ルールやすれ違った方への挨拶など社会性を身に付けることが
できる。

お母様方にとって少し負担のかかるお弁当かもしれませんしれませんが、子ども達にとってゆとりのある園外保育時間が確保できる事、本当に心強いです。

ただ…

お弁当を笑顔で食べる姿を“LIVE(生)”でお見せすることができず、すみません…

今年度も“お弁当”ご協力ありがとうございました。

きっと、前文で書いたエピソードも多々あったのでは?

おべんとう ストーリー ☆ プライスレス!
  


Posted by sun at 18:31Comments(0)