2015年11月16日

北方に来た方


今日は晴天!


ふじ・さくら・ばら組の3クラスは、延期されていたみかん狩りへ・・・・Go!

バスに乗って35分。ワイワイ♪と西へ向かうと

そこは一面のみかん畑!


バスからルンルン♪と降りてきた子ども達は、荷物を降ろして早速みかんの収穫!

手に袋を渡され、美味しそうなみかんをじっくりと探していましたよ。

みかんの樹も背が低く、例年と違って屈んで探す姿も見られました。







ノルマの個数を確保すると、

甲斐さんの「たくさん食べていいよ~!」のお言葉そのままに

みかんを無心に食べる子ども達。

私も、5個ほどいただきました。。(おいしかった)






みかんの皮を剥くとこんな感じです。






他にも、子ども達がみかんを収穫していると、「ドーン!」という音が聞こえたり、

畑に入るときには電線のような柵を外したりと、なかなか無い経験もしました。

「ドーン!」という音は、カラスをビックリさせて近寄らないようにするためで、

電線はイノシシ避けなんだそうです。

夜は実際に電気が走っていて感電するそうですので、皆さんも気をつけましょう(笑)。

それにしても、イノシシが狙うほどおいしいということでしょうね。


隣りのみかん畑はまだ収穫されてなかったんですが、これはもうしばらくして収穫した後、

倉庫で寝かせてから2月くらいに流通されるそうです。

農業って奥が深い。



ちなみに、甲斐さんは卒園児のおじいちゃん。

そんなご縁があるとは知らずにお願いしたのですが、あとで判明しました。

延岡って狭い(笑)。


甲斐さんにお礼とハイタッチをして帰りました。

甲斐さん、本日は大変お世話になりました。ありがとうございました!






以上、ひろし先生っぽく軽いタッチで記事を作ってみた、副園長のたかゆきでした。  


Posted by sun at 15:29Comments(2)