2017年06月20日

先日のエピソード記録を紹介します。

今朝のこと

Kくんが、クラスの入り口に両手を広げて立っていました。

Hちゃん、Aちゃん、Hくんたちは、Kくんが立っているので中に入れず

副担のさきこ先生:「お友だちが、通れないよ。」

Kくん:「イヤ!」

副担のさきこ先生:「お友だちが、困っているよ。」

Kくん:「イヤ!!」



ここで、みなさんなら 怒りドーン!

「通れんて言ってるじゃろ!何回言わせるとけ!のかんけ!」

と、強引通過―!と、なってしまいがち?!



副担のさきこ先生は、ここでピーン!ときたらしく

「ボタン押したら通れると?」と聞いたようです。


Kくん:「いや!ちがう!」

副担さきこ:「ち~~~ん…。」


そこで担任のまなつ先生登場!

担任まなつ先生:「お金をチャリン♪と、入れてほしいっちゃろ(^o^)。 お口で言わんと分からんよ。 お友だちは通せんぼされているように思うよ。」

その言葉にKくんは、気持ちが分かってもらえたことが嬉しかったのか、ドアのところに立つことを止めました。


このエピソードには、いくつかポイントがあると思います。


・副担のさきこ先生は、「イヤ」と言ったKくんの行動に「もしかしたら…」と意図を汲もうとしたこと

・担任のまなつ先生が「お金いれたら…」という彼の意図を当てたこと

・「お口で言わないと…」と、方法をKくんに伝えたこと

・「通せんぼされてるように…」とお友だちの気持ちを伝えたこと

そして

・Kくんは、気持ちが分かってくれたと感じドアに立つのを止めたことで、Kくんとの信頼関係がわかります。


さきこ先生のエピソード記録は、このような文で締めくくっています。


 子どもの行動には“その子の理由や気持ちがあること”を実感した出来事でした。私自身もっと子どもの気持ちを汲み取ることができるよう子ども1人ひとりとの関わりを大切にしていきたいです。



今回のようなエピソードをクラス担任の先生たちは、毎日綴っています。


毎日、毎日、丁寧な積み重ねがあるHIGASHI。


まだ、新任のさきこ先生!! 

日々奮闘!日々勉強!頑張っているぞー!!いいぞーー!!



  


Posted by sun at 16:55Comments(0)