2017年06月22日

片足の無い親鳥

今、

バス車庫の横に鳥の巣が出来ています。







葉などでつくる巣ではなく

壁の穴を利用して、その穴に雛鳥が入っているようです。

かわいらしい雛鳥の声が聞こえてきます。

と、ここまではよく聞くハナシ。


なんと

懸命に雛鳥を育てている親鳥の足は片方ありません。

以前、見かけた時は糸のようなものが絡まっていました。

何かにひっかけてしまい足を失ったのかもしれません。


でも、親鳥は懸命にエサを雛鳥に与えています。

見ていて胸がグッとなります。


雛鳥の泣き声が、より一層胸を熱くさせます。


『自分が食べ物を与えなければ、この子たちは死んでしまう。』


片足の無い親鳥は、命を懸けているのです。


≪命がけの子育て≫




自分に色んな問いをした日でした。
  


Posted by sun at 18:05Comments(0)