2020年01月06日

言われなきゃ、変わらない。

明けましておめでとうございます。

2020年もHIGASHIのブログにお付き合いくださりありがとうございます。

さて、今回もわたくしヒロシは実家の鹿児島 霧島市国分に帰省しました。

両親があれこれ世間話をしていたのですが、

父「今年のレコード大賞はだれ?」

母「フーリン。」

父「曲名は?」

母「カプリコ」

※ひろし「おいおい、それお菓子じゃねーか。正確には、♪パプリカ」と心でツッコむがあえて何も言わずスルー。(笑)






父「そうか。」


母も父も2019年のレコード大賞は、『♪カプリコ』とインプットされたまま。


この冬、子ども達とゆっくり過ごすことができたのですが、毎度つっこみを入れるのは、1日3回やってくる食事のマナー!

「手を添えなさい。」「ほら、手!」「手っ!!!!」の言葉の行進です。


・できるまで伝える。

・何度も伝えなきゃ伝わらない。

正月早々夫婦で実感したことです。


ただ、最後の着地点

できていたら、すぐに

『褒める!』



「何度言ったらわかるの?」と名言を言ったことはありませんか?

それは、何と言ったのですか?

今は、当たり前にできていることではありませんか?

でしたら、『褒めてあげてください。』

お子さん的には「今更?今?」と思われるかもしれませんが、褒めて悲しい気分になることはありません。


できないまま、知らないままで、恥をかくよりも言って変えてあげること大切ですよね。

両親が「♪パプリカ」を聞いて、「あ、カプリコ!」とぼそっと言い、孫たちに「違うよ!パプリカだよ! カプリコはお菓子じゃん!」と、ツッコまれる日はそう遠くはないことでしょう。(^^♪


今日のHIGASHIも元気いっぱいでした。







  


Posted by sun at 16:54