2012年06月14日

人間を救うのは人間だ

本日、年長組90名

日本赤十字社 登録式に参加!

そして

無事に全員 青少年赤十字の一員になりました。

「気づき」「考え」「行動する」

この理念の下、行動してほしい!!


…って、やっぱり幼児期にはまだまだ難しい(笑)

以前、ある赤十字の研修にて

「自分のできることは自分でやってみたいと感じる。

友だちと遊ぶとき自己主張ばっかりじゃ楽しく遊べない。

泣いている年少さんや年々少さんを見ると気になって話しかけてみる。

園児にとって幼稚園生活そのものは、赤十字精神と似ていると考えていいですよね。」

と、講師の先生に聞いてみた事があります。

答えは「YES!」

頭の中、ギュルンギュルン高速回転!

たまにウー…と低速回転することもあるけれど子ども達は全力で幼稚園生活を送っているんですよね。

世界共通の『赤十字』なかなか奥が深いものです。


人間を救うのは人間だ


登録式後は、毎年恒例の山本先生による赤十字延岡支部の重鎮!山本先生による「幼児救命救急法!」お母様も参加して胸骨圧迫による心肺蘇生・AEDの使い方などなど、みっちり1時間半あっという間でしたね。乳児から大人まで関わることの多いお母さんたちはかなり真剣に聞いていました。1秒の時間もムダにできない心肺蘇生!熟知したいスキルだと再実感でしたね。


さぁ!明日は、♪お話宅急便♪デビュー♪ 楽しみ楽しみ~(#^.^#)





※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
人間を救うのは人間だ
    コメント(0)