2016年03月09日

ワクワクな考え方

先日、とある情報番組で保育士不足のハナシが出ていました。


その中で「毎日の保育は、保育士自身が考えているんです。」と、、、


その園、その園、独自の保育プログラムがありますので、良い、悪いの判断はできませんが、


キーとなるのは、


「毎日の保育は、保育士自身が考えなきゃいけないんです…。」



なのか、



「毎日の保育を、保育士自身が考えることができるんです!」



考え方次第で全然違う!!





さて、本日の卒園式の練習に来客がっ!


とあるクラスの子ども達が見学へ


いやぁ~、卒園式のような厳(おごそ)かな雰囲気は、なかなか味わえないので、見学する側も「じ~~~~~」と、真剣な面持ち。




ワクワクな考え方ワクワクな考え方







「この時期は、卒園式の見学を!」なんてHIGASHIのカリキュラムにはございません。


しかし、


担任は


“子ども達の姿”や“子ども達の日頃の会話”から『卒園式の練習を見学させよう』という選択をしたのです。



子ども達は、どんな刺激を受け、どんな変化が起きたのかはまだ教えてもらっていませんが、

とある先生の

「毎日の保育を、保育士自身が考えることができるんです!」のワクワクな考えにあっぱれ!!





HIGASHIは、

残りわずかな保育日数でも手を抜かないぜっ!!



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ワクワクな考え方
    コメント(0)