2018年12月21日

2学期終業式

2学期最終日 子ども達は朝から大騒ぎ!

なんと、お家の方が準備してくれた靴下。

その中になんと!サンタさんからお菓子のプレゼント!

しかも、目一杯!












メッセージ付きのクラスも有り!

「ひろしせんせいが、いれたっちゃないと?!」と疑われてしまいまいた。

「入れてないよ。」と返答しました。※色んな意味で本当です。(笑)

さて、今回の出来事 皆さんならどのように子ども達の心に着地させますか?


・2学期がんばったから

・いつもおりこうさんだから

・やさしくしているから

・びっくりさせようと、先生達が入れたとよ。




答えは、様々ですね。では、何が正解なのか?!それは、ご家庭で決めたことが正解です。


では、園ではどのように着地させているか。


・なぜくれたのかな?

・サンタはいつきたのかな?

・せんせいたちは、サンタに会ったのかな?

・どんな感じで園に来たのかな?

・お菓子のお金はどうしたの?


子ども達の頭の中では、各々色んな空想世界が広がっています。

まさに、ファンタジーの世界ですね。

子ども自身が作り上げるファンタジーの世界の広がりは、その子自身が受けた経験値によって様々です。


ですので


『各々のファンタジーの世界観に、とことん付き合っていく。』


これが、ライセンスを持っている者、我々の着地方法だと感じます。



本日で2学期は終了致しました。各学年の終業式では2学期の振り返りをしていました。









2学期は、本当に様々な行事があった実に濃い時間を送ったと思います。

無事に2学期を終えたのも保護者の皆様のご協力があったからこそだと感じています。心より感謝申し上げます。


2学期子ども達自身が経験したことは、全て過去のものです。子ども達の頭の中で思い出す物は、自分なりに解釈したものだけです。解釈されたものは、その子のファンタジーの世界に加えられます。

少しでも豊かなファンタジーの世界になってくれたらいいな。

HIGASHIは、これからもお子様のファンタジーの世界とお付き合いして参ります。






23日(日)は、各々の世界観楽しんでいただけたら幸いです。




削除
2学期終業式