2019年05月07日

「社会の一員」

と言ったら固いイメージになるかもしれませんが、

小さな子であってもお家の外に出れば「社会の一員」

特に3歳を超えたら当てはまることでしょう。

本日より平常保育です。

お家から出ている時間が長くなりました。

先ほど申し上げました「社会の一員」の意味ですが、

・社会の一員だからしっかりしなさい。


という意味ではなく


・お家と社会の区別を子どもは自然につけている。

という意味です。不思議な子どもの力です。



特に、本日から始まった給食!





「社会の一員」
「社会の一員」
「社会の一員」
「社会の一員」
「社会の一員」
「社会の一員」
「社会の一員」
「社会の一員」
「社会の一員」






「えー!野菜食べたんですか?!」

「えー!!おかわりしたんですか?!」


などなど保護者の方からお言葉をいただきます。


お家とは全然違う姿!






子なりの「社会の一員という意識」なのでしょうか。

お家から一歩出れば、スイッチ ON!

お家に戻れば、スイッチ OFF!
※我が子は、恐ろしいくらい「ウネウネフニャフニャ男」になります。(笑)



・・・・・・・・


私たちもON!OFF!してますよね。

自分の実家では、自然と冷蔵庫OPEN!

でも、

相手方の実家では、冷蔵庫開けません!

自分の実家では、みんなスイッチOFFなのです。(笑)




削除
「社会の一員」