2019年07月11日

視点が変われば、着地点が変わる。

鹿児島時代、わたくしヒロシがまだ20代の頃、体操担当をしていた時に、ある子が一緒に体を動かそうとはしてくれませんでした。


ある園の先輩先生が私に助言をくださりました。


「あの子はね、動的参加はしていないかもしれないけれど、“見て参加”は、しているんだよ。それで、今はいいんだよ。」


なるほど!と腑に落ち、もやもやが晴れた感じがしたことを覚えています。


今日の外遊び、


Aくんは、泥を通してダイナミックに遊んでいます。

視点が変われば、着地点が変わる。






Bくんは、砂を使ってなにか建設しているようです。

視点が変われば、着地点が変わる。






Cくんは、様々な活動をじっくり見ています。

視点が変われば、着地点が変わる。






それでいいと思います。


「Aくん、泥を使って楽しそうだったね。」 → 「うん!」

「Bくん、あとちょっとで完成しそうだったね。」 → 「うん!」

「Cくん、みんな楽しそうだったね。」 → 「うん!」



みんな、「うん!」と心にしっかり着地できました。


視点が変われば、着地点は変わります。




削除
視点が変われば、着地点が変わる。