2019年01月08日

フープが10個あります。

きいろチーム14人 対 みどりむらさきチーム14人の対戦です。

はじめに各チーム5人ずつフープの中に入っています。

じゃんけんで勝つことができたら、中の人と交代です。

中にいる人は、じゃんけんに負けたらフープの外に出て次のフープの人とじゃんけんです。

試合時間は1分ほどです。

10個のフープをより多く占めているチームが勝ちです。

といった感じのゲーム


よーい、スタート!


その直後の写真です。

違和感を感じますか?





そう、味方同士じゃんけんしても意味は無い。(笑)

でも、子ども達は真剣なんです。本気でします。

「なぜ気づかないの?」「なぜわからないの?」


と、思いがちですが、そもそもこのゲームの難易度がまだこの子たちには合っていないのかもしれません。


何度かしていくと誰かが気づいて「味方同士じゃ意味ないじゃん!」という子が出てくるかもしれません。特に女子が(笑)


『物事は、単に教わったことよりも、自分で気づき教えてもらったことの方がより身につきやすい』

と言われているようです。


気づきの力をつけさせるのは、どのようなことが必要なのでしょうね…。

日々奮闘しております。今日も子ども達と過ごし良い勉強になりました。




では、次の写真をみて気づいたことは何ですか?

これが分かった方は、現役保護者の方は、HIGASHI検定3級です。卒園保護者の方は、HIGASHI検定1級です。 お?!ヒントになっちゃたかな?!(笑)







明日は、いよいよ3学期始業式! 


朝起きれるかなぁ~。お待ちしております。




削除
フープが10個あります。