2011年07月07日

心の中 いつもいつも えがいてる

『 七夕の日

東幼稚園の子どもたちの

願い事 』


心の中 いつもいつも えがいてる

・・・・・・・・・・

ジャイアンに追われ、家に逃げ帰ってきたのび太。
のび太はドラえもんに
「あれ貸してよ。ほら、いつかつかったやつ。けんかに強くなるの。」
しかし、ドラえもんは冷たく言った。

「ひとりでできないけんかならするな!」
ドラえもんの表情は、妙に沈んでいる。

のび: 「おいどうしたんだよドラえもん。」

ドラ :「こないだから…言おう言おうと思ってたが…」

のび :「帰る?未来の世界へ!」

そう、明日の朝に帰ると・・・

のび太は驚き「なんとかして」とママに泣きつくが、「ドラちゃんにはドラちゃんの都合があるのよ。わがまま言わないで」

パパも 「人に頼ってばかりいてはいつまでたっても一人前にはなれんぞ。男らしくあきらめろ。」と言った。

その日の夜は、家族みんなでドラえもんのお別れ会をした。

そしてその晩、のび太はドラえもんといっしょの布団に入って寝る事にしたが、二人ともどうしても眠れない。

そこで二人は「朝までお話しよう」と"眠らなくても疲れない薬"を飲み、いっしょに散歩へ出かけた。
「お月さまがきれいだ。」
ドラえもんは言う。

ドラ :「のび太くん…本当にだいじょうぶかい?」

のび :「何が?」

ドラ: 「できることなら…帰りたくないんだ。きみのことが心配で心配で…。ひとりで宿題やれる?ジャイアンやスネ夫に意地悪されてもやり返してやれる?」

のび: 「ばかにすんな!ひとりでちゃんとやれるよ。約束する!」

その言葉を聞き、ホロリとするドラえもん。

ドラ :「ちょ、ちょっとそのへんを散歩してくる…。」と言って走り去った。

のび: 「涙を見せたくなかったんだな。いいやつだなあ。」

そして、のび太は、いつもの空き地の土管に腰掛けた。

すると、そこに寝ぼけながら散歩をするジャイアンを見つけた。
その時、ジャイアンはハッと目を覚ました。

ジャ: 「だれだっ。そこでにやにやしてるのは!なんだのび太か。おれが寝ぼけてるところをよくも見たな。許せねえ!」

ジャイアンはのび太の胸を掴み、のび太は思わず叫んだ。
「わあっ、ドラ…」
しかし、ここでドラえもんを呼ぶわけにはいかず、のび太は口に手を当てた。
のび太は言った。

「けんかならドラえもんぬきでやろう」
ジャイアンはボカッと一発、のび太を殴り飛ばした。
一方、ドラえもんは、のび太を探していた・・・
空き地では、ジャイアンはのび太を殴り続けていた。
ボロボロになってのびてしまったのび太。

ジャ :「どんなもんだい。二度とおれにさからうな。」
しかし、のび太はしつこくと起きあがり、ジャイアンに言った。

のび :「待て!まだ負けないぞ。」
ジャ: 「なんだおまえ。まだなぐられたりないのか。」
のび: 「何を。勝負はこれからだ。」
さらにガツンと殴られるのび太。

ジャイアンは殴り続け、のび太は倒れる。
ジャイアンは息を切らしながら言った。

ジャ :「ふう、ふう。これでこりたか。何度やっても同じことだぞ。はあ、はあ、いいかげんにあきらめろ。」
帰ろうとするジャイアンの足にしがみついて言った。

のび: 「ぼくだけの力できみに勝たないと…ドラえもんが…安心して…帰れないんだ!」

ジャ: 「知ったことか!」と、更にのび太を殴るジャイアン。

その時、ドラえもんは、のび太を見つけた・・・
ボロボロになりながらジャイアンと戦っているのび太。
のび太はジャイアンをしつこくつねっている。
ジャ :「いてて、やめろってば。悪かったおれの負けだ。許せ。」
ジャイアンは逃げ帰った。

のび太は全身傷だらけの姿でドラえもんに言う。

のび :「勝ったよ、ぼく。」

ドラえもんに抱かれながらのび太は言った。

のび :「見たろ、ドラえもん。勝ったんだよ。ぼくひとりで。もう安心して帰れるだろドラえもん。」

家に帰り、布団に入るのび太。そしてその寝顔を、涙を流しながら見つめるドラえもん。


翌朝、のび太が起きると、ドラえもんはもう、いなかった。


『さようならドラえもん』より
(小学館「小学四年生」昭和49年3月号掲載)

・・・・・・・・・・




最初は誰かの力を借りながら

次第に一人でも出来るように

そして誰かの力になれますように


『 七夕の夜

東幼稚園の子ども達に

願う事 』



※長い文にお付き合いいただきありがとうございます。




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心の中 いつもいつも えがいてる
    コメント(0)